《食と白髪の関係》食べ物やサプリメントで白髪の予防改善は可能?

黒い食べ物,白髪に良い食べ物

白髪を黒くする食べ物は、世の中に存在するのでしょうか。

黒ゴマ・黒豆・黒酢・黒ニンニク・昆布・わかめ・ひじき・コーヒー豆といった黒々とした食べ物は、いかにも白髪改善効果が望めそうな見た目です。現に、こうした食べ物は「白髪サプリメント」「ヘアサプリメント」と呼ばれる製品に多く含まれています。中には漢方に使う和漢成分を配合したものまで出回っています。

しかしみなさん思いませんか?
本当に食べ物やサプリメントで、髪を黒くし白髪をなくすことが可能なのか?

食生活改善が白髪予防に役立つ可能性は無きにしも非ず

黒ごま

先に結論を言うと・・・
「白髪が生えてくる毛根に対して、再び黒髪が生えるよう促す作用があるスーパーフード」は発見されていません。これは食事に限らず、頭皮マッサージやシャンプーなど白髪改善に良い方法として扱われているものも同じ。

では、食べ物やサプリメントは白髪対策としては全く無意味ということでしょうか。

確かに、食べ物やサプリメントだけで「生えた白髪を黒くする」、「今後その毛根から生えてくる毛を黒くする」ような劇的な変化を生むことは難しいです。しかし、全く無意味と言われるとそれは違います。食習慣の改善によって、白髪の進行を遅く出来る可能性は無きにしも非ず。

実は、なぜ白髪が生えてくるのか完全解明されていません。これは裏を返すと、食べ物と白髪の関係性を完全には否定できないということです。

白髪を引き起こす主な要因とされているのは、老化と遺伝です。しかしそれ以外にも「食生活、ストレス、睡眠などの要因が、白髪の発生と関わっているのではないか」と疑われています。

なるほどそういうことね。食の改善で白髪を治すことは難しいけど、予防できる可能性は残ってことね。

渡辺文暁

最近は研究も進み、”白髪が発生する仕組み”や”黒髪を作るのに必要な成分”についても少しずつ解明されてきています。

食習慣の乱れも白髪を招く要因の1つ

人の髪色はメラニンという成分によって決まります。そして、白髪はこのメラニン色素がほとんど無い状態で生えてきたものです。

メラニンは、メラノサイトと呼ばれる色素を作り出す細胞が作り出します。メラノサイトが、チロシン(アミノ酸)やチロシナーゼ(酵素)といった成分を原料に、メラニンを作り出します。そして、「白髪はメラニンを作り出すメラノサイトの活動が鈍くなることで発生する」と考えられています。

しかし、「なぜメラノサイトの活動が鈍くなってしまうのか」という根本的な原因については未解明のままです。ですが、おそらくそれには加齢・遺伝・生活習慣(食・睡眠・ヘアケア)・ストレス・病気が影響していると推測されています。

中でも、白髪は老化や遺伝が主な要因とされています。しかし、この2つに抗うことは困難です。

したがって、白髪との関係が疑われる「生活習慣」や「ストレス」などの要因に注目しましょう。これらは比較的、白髪の予防法として取り組みやすくなっています。

確かに、私達の髪の毛は食べ物に含まれる栄養を元に作られているしね。

渡辺文暁

食習慣の改善だけで、劇的な効果は望めないとは思いますが、指を咥えているよりはマシです。白髪にお困りの方は、食習慣の見直しから気軽に白髪対策を始めてみてはいかがでしょうか。食生活の改善はエイジングケアにも繋がります。

ちなみに、食以外の白髪予防法についてはリンクを参考に!

睡眠タバコ飲酒ストレス頭皮マッサージ

白髪対策に良いとされる食べ物は?メラニン生成や育毛に関わる栄養を摂ろう

年齢を重ねると白髪だけでなく、髪のハリコシ・ボリュームが低下し薄毛が目立ってきます。

なので、髪の黒さに必要な栄養素だけでなく、健康的な毛髪を育毛するために必要な栄養素を普段から摂っておくよう心がけてください。食事による白髪対策としては、大きく2つのアプローチ「①メラニンの生成に関わる栄養」「②育毛に必要な栄養」から取り組んでいきしましょう。

メラニンの生成に関わる栄養素 チロシン・銅
育毛に必要な栄養素 タンパク質・ビタミン・ミネラル

①黒髪の元となるメラニンの生成に必要な栄養&食べ物|亜鉛・チロシン

黒髪のクロを作るのはメラニンだということは何度もお伝えしました。そこで、メラニンの原料となるチロシンやメラニンの生成をサポートする栄養素を多く含む食べ物をご紹介します。

チロシン メラニン色素の原料(アミノ酸の1種) 肉類(鶏肉・牛肉・豚肉)
魚介類(カツオ、たらこ、マグロ、シロザケ、イワシ)
豆類(大豆製品=豆腐、油揚げ、納豆など)
種実類(マカダミアンナッツ、落花生、ピーナッツ、ゴマ)
穀類(小麦タンパク)
乳製品(チェダーチーズ、プロセスチーズ)
チロシナーゼ酵素を活性化する働きがある。他にも、鉄分(血液の成分)の代謝をサポート。活性酸素除去に関わる 肉類(牛レバー)
魚介類(ホタルイカ、桜えび、牡蠣)
豆類(大豆製品=湯葉、豆腐、油揚げ、納豆など)
種実類(えごま、ゴマ、アーモンド)
海藻類(のり)

チロシンは、体内で作り出せるが、食品からも積極的に摂取してほしい「準必須アミノ酸」なので、食事から体外摂取する必要があります。また、銅も、体内で合成できないので「必須ミネラル」なので、食事から体外摂取する必要あります。

②健康的な毛髪の育毛に欠かせない栄養&食べ物|タンパク質・ビタミン・ミネラル

せっかくメラニンの生成をサポートする食べ物を摂ったとしても、髪が元気に育たなければ意味がありません。そこで、健康的な毛髪の育毛に欠かせない食べ物をご紹介します。

健康的な毛髪を育てるには「①タンパク質」「②ビタミン」「③ミネラル」が摂れる食品を食べましょう。

タンパク質の多い食べ物,青魚,卵,肉,チーズ,大豆製品

  主な働き 多く含む食べ物
タンパク質(アミノ酸) 髪の毛の主成分。筋肉や臓器、皮膚、爪などの材料となり、体を作る上で欠かせない成分。 肉類(牛肉、豚肉、鶏肉)
魚介類(フカヒレ、カツオ、イワシ、アジ、マグロなどの青魚)
豆類(豆腐、納豆等の大豆製品)
卵類(特に卵白)
乳類(チーズ、ヨーグルト、牛乳)

ビタミンが多い食べ物, 柑橘系,鰻,ごま,かぼちゃ,アーモンド,レバー

  主な働き 多く含む食べ物
ビタミンB2 タンパク質の代謝を促す髪の成長のサポート 肉類(牛・豚・鶏のレバー)
魚介類(ウナギ、カニ)
豆類(納豆)
卵類(ウズラの卵、鶏卵)
海藻類(海苔、ひじき)
種子類(アーモンド)
脂質の分解をサポートし、皮脂をコントロール(脂漏性皮膚炎の予防)
ビタミンB6 タンパク質の代謝を促し髪の成長をサポート 肉類(牛・豚・鶏のレバー、鶏ささみ)
魚介類(マグロ、カツオ、サケ、イワシ)
野菜類(唐辛子、にんにく)
種子類(ごま、ピスタチオ)
脂質の分解をサポートし、皮脂をコントロール(脂漏性皮膚炎の予防)
ビタミンC コラーゲンの合成に必要 野菜類(赤・黄・青ピーマン、ケール、芽キャベツ、白菜、ブロッコリー、カリフラワー、ほうれん草、唐辛子)
果物類(レモン、アセロラ、ゆず、柿、キウイ、いちご、グレープフルーツ、オレンジ、みかん)
海藻類(のり、わかめ)
飲料類(煎茶、アセロラ・キウイジュース)
抗酸化作用(ビタミンEと協力して活性酸素を消去し細胞を保護)
ストレス予防
ビタミンE 抗酸化作用(過酸化脂質の生成を抑え、頭皮の臭いや脂漏性皮膚炎を予防) 魚介類(アン肝、イクラ、アユ、ウナギ、明太子、海老)
種子類(アーモンド、ピーナッツ)
油脂類(ひまわり・サンフラワー・米ぬか・とうもろこし・なたね油)
野菜類(唐辛子、ドライトマト、かぼちゃ)
血行促進作用(過酸化脂質の生成を抑え、血液の流れをスムーズにする)
H(ビオチン,ビタミンB7) タンパク質の材料であるアミノ酸の代謝に関わる酵素をサポート 肉類(牛・豚・鶏のレバー)
魚介類(まがれい、あさり、イワシ)
豆類(湯葉、きな粉)
きのこ類(舞茸、木耳、椎茸)
種子類(落花生、アーモンド)
卵類(卵黄)
コラーゲンの生成に関わる
欠乏すると脱毛や白髪に繋がる可能性がある

鉄亜鉛が多い食べ物,牡蠣,牛肉,レバー,ご飯,わかめ,スルメ

  主な働き 多く含む食べ物
酸素の運搬に関わる成分。血液(ヘモグロビン)の成分となり、全身に酸素(頭皮を含む)を運び、細胞の活動をサポートする。 肉類(赤身の肉、牛・豚・鶏のレバー)
魚介類(鮎、アワビ、アサリ、シジミ、エビ)
野菜類(パセリ、唐辛子、大根)
海藻類(海苔、ひじき、ワカメ)
亜鉛 タンパク質の生成に関わる成分。酸素と共に働き毛母細胞の分裂成長をサポートする。 肉類(牛肉)
魚介類(牡蠣、煮干し、スルメ)
豆類(大豆製品)
乳類(パルメザンチーズ)
穀類(米)
種子類(ごま)
海藻類(わかめ)

栄養の偏りはNG!何事もバランスが大事

今まで紹介してきた白髪予防の食べ物は、バランスよく摂取しましょう。どれか1つの栄養素を多く含む食品を食べ続けると髪だけでなく体に悪影響を与えます。また、毛髪の育成には色々な栄養が必要なので、満遍なくバランスよい食事を心がけて下さい。

特に、銅や亜鉛といった微量ミネラルの取りすぎは過剰症を引き起こしてしまう恐れがあります。1日に定められた上限量の範囲で収めるよう気を付けましょう。

当たり前だけど無理なダイエットは禁物よ。白髪や薄毛を予防するためには、必要な栄養素はキチンと確保しましょうね。

《食と薄毛の関係》健康的な髪の毛を育む3大栄養素+髪に良い食べ物

白髪予防に足りない栄養をサプリメントで補給

いくら白髪予防の為とはいっても、仕事や家事や介護など日々忙しさに襲われている人は、毎日必要な栄養を摂り、しかも栄養バランスにまで気をつかった食事を作り続けることは難しいでしょう。

そういった人は、サプリメントなどの栄養補助食品がオススメです。特に、現代人に不足しがちなビタミンやミネラルをマルチに含んだサプリメントは、白髪や薄毛予防にも便利です。

渡辺文暁

ちなみに、もし食べ物やサプリメントに白髪予防の効果があったとしても、生えてしまった白髪を黒くすることは出来ません。もし、黒髪に戻したいのなら白髪染めを使用する必要があります。