髪がパサパサする原因&パサつき改善法10選(シャンプー・トリートメントなど)

パサパサ髪の原因と改善法

「うわ〜〜髪が超パッサパッサ!!!!」

あなたはパサパサと乾燥した髪に悩んでいませんか?

  • 髪がパサパサで、ごわつきまとまらずスタイリングが上手くいかない。
  • パサパサに乾燥した髪は、静電気が起きやすく、枝毛や切れ毛に繋がる。
渡辺文暁

女性にとって、髪のパサつきは深刻な悩みです。そこで現役美容師が、なにかと厄介なパサつき髪の改善法について解説していきます。

まずは、髪がパサパサになる原因を、次に、パサつき髪が引き起こす問題について説明していきます。そして最後に、オイルやトリートメントを使ったパサつき髪の改善法をご紹介します。

写真の女性のように、うるうるツヤ髪だった頃を取り戻しましょう!

髪がパサパサになる2つの原因

髪がパサパサになる原因は大きく2つです。

  1. 髪が乾燥し、水分・油分が不足することが原因。
  2. キューティクルのめくれやはがれが原因。

さらに、このパサパサ髪の2つの原因について詳しく説明していきます。

①髪が乾燥する原因

パサつきの原因,油分(皮脂)の不足

髪の乾燥は、水分・油分の不足が原因で起こります。毛髪の水分・油分を奪う原因となるのは次のようなものです。

  • 洗いすぎによる皮脂の取りすぎ(シャンプーの回数が多い)。
  • 洗浄力の強いシャンプーを使っている(石油・高級アルコール系界面活性剤が入りシャンプーの使用)。
  • 加齢による皮脂分泌の減少(30代以降になると、頭皮から分泌される皮脂の分泌量が減少する)。
  • 湿気が少ない環境(冬の季節など)。
  • ドライヤー・ヘアアイロンで熱を加えすぎ。
渡辺文暁

「皮脂は邪魔者!」といった話をよく聞きます。でも半分正解で半分間違い。確かに、皮脂が多すぎると不衛生で、フケ症や薄毛(FAGA)、脂漏性皮膚炎の原因となります。でも実は、皮脂には、髪や頭皮を油分でコーティングする役割があります。これを皮脂膜と呼び、髪や頭皮を保湿したり、雑菌から守ったりする作用があるんです。なので、シャンプーで皮脂をガッツリ取り過ぎるのも問題なんですね!

②キューティクルのめくれやはがれの原因

キューティクルダメージ

髪の乾燥は、キューティクルのめくれやはがれが原因で起こります。

例えば、次のようなことが原因でキューティクルのダメージを招きます。

  • 摩擦(シャンプーやブラッシング時の摩擦)
  • 熱(ドライヤー・ヘアアイロン・日差し・紫外線などの熱)
  • 化学物質(パーマやカラー、ブリーチ、縮毛矯正)
渡辺文暁

キューティクルのダメージは、パサパサ髪だけでなく、枝毛や切れ毛の原因にもなります。また、時にはうねったり、くせ毛になったりします。髪は一度ダメージを受けると自己修復しないのでもと通りには戻りません。なので、正しいヘアケアを実施してヘアダメージを極力予防したいものです。

パサついた髪が引き起こす色々な問題

パサパサ乾燥髪が引き起こす原因

髪がパサパサで乾燥していることは何か問題なのでしょうか?はい、パサパサ髪によって引き起こされる厄介な問題はさまざま!

  • 髪のツヤ・ハリが失われる。
  • 髪の毛がパサパサでごわつき、まとまらずスタイリングがしにくくなる。
  • シャンプーやブラッシング時に引っかかりやすい。
  • 乾燥した髪は無防備でダメージを受けやすい状態になる。
  • 乾燥しているので静電気が起きやすい(静電気は髪にダメージを与え枝毛や切れ毛に繋がる)。
渡辺文暁

このように髪がパサパサな状態は、不健康な状態です。さらに、パサパサ髪の状態のまま放っておくと、悪循環に陥ります。まさに、負のパサパサ髪ループ!!!

  1. 乾燥でパサパサした髪(ダメージを受けやすい状態)→
  2. 摩擦や熱でキューティクルが傷つく
  3. 髪内部の水分が逃げる
  4. ますます乾燥する

最悪に恐ろしいですよね!そこで、これから「負のパサパサ髪ループ」から抜け出す改善法&対策法をご紹介していきましょう。

パサパサ髪の改善法!サラサラでツヤやかな髪を目指そう!

パサパサ髪の改善方法

どうしたら、乾燥やヘアダメージに負けない、サラサラでツヤやかな髪を手に入れることができるのでしょうか?そこで、現役美容師がパサパサ髪の改善法をご紹介します。

「負のパサパサ髪ループ」から抜け出すためには、何よりも髪の潤いを保つようケアすることが大切です。シャンプーやトリートメントなど、普段のヘアケアを見直すことでパサパサ髪を改善しましょう。

乾燥が気になったときは、放って置かず素早くオイルをつけて保湿しましょう。また、髪が乾燥して、さらに痛んでいる場合は、ダメージ補修成分入りの(ヘアケア)製品を使うのもおすすめです。

  1. オイルパックで保湿する(ホホバオイルや椿油などの植物性オイルを使用する)。
  2. 洗い流さないトリートメントをつけて保湿する。
  3. ヘアワックスなど油分入りのスタイリング剤でセットする(ベタつきが嫌な人はプロダクトワックスがおすすめ)。
  4. お出かけ時などには、市販の髪用オイルスプレーを使い潤いをキープする。
  5. シャンプーで洗う回数を減らすとともに、正しいシャンプー法を実施する。
  6. 洗浄力がマイルドなシャンプーを使用する(洗浄力がマイルドなアミノ酸系界面活性剤入りシャンプーを使う)。
  7. 乾燥肌かつ敏感デリケート肌の方はオーガニックシャンプーがおすすめ。
  8. ドライヤーの正しく使うとともに、乾燥・ダメージが少ないドライヤーを使う(リュミエリーナのドライヤーがおすすめ)
  9. ブラッシングで頭皮を刺激しつつ、皮脂を毛先まで行き渡らす(獣毛のヘアブラシがパサパサの髪にはおすすめ)
  10. ヘアダメージがある場合は、シリコンなど補修成分が配合されているリンスやトリートメントを使う。

《ヘアオイルランキング》美容師が選ぶおすすめ人気ブランドBEST6

髪がパサパサに乾燥していると、手ぐしを通した時に、ごわつきも感じます。油分を足して改善することで、なめらかな指通り取り戻しましょう。最後に、パサつき乾燥が髪におすすめのオイルをご紹介してお別れです!!

最近、モデルさんたちに人気の『N.(エヌドット)』のポリッシュオイルになります。パサつきをおさえ、髪にみずみずしいツヤを与えてくれます。天然由来の原料でできているので、安心安全!おしゃれなデザインも人気の理由です。

N.(エヌドット)ポリッシュオイル公式販売サイトへ